業者に依頼するか自分で行うクレジットカード現金化のリスクについて

クレジットカードのショッピング枠を換金することを、クレジットカード現金化といいます。
業者に依頼する方法と、クレジットカードで購入した商品を自分でネットオークションや買取店で売却する方法があります。
現金化業者に依頼した場合には商品を売りに行く店を探す手間などがなく、比較的早く現金を得ることができます。
現金化業者を利用する場合は、手数料が別途かかって最終的な換金率が70~80%程度かかります。
現金化業者に依頼する場合は、稀に悪徳業者にあたるリスクがあります。
したがって、優良な業者を探すために情報収集が必要です。
換金率が95%など明らかに高い数字を公言している場合には、疑った方が良いです。
入金を早めるために追加料金が発生して最終的な換金率が70%を下回ることもあります。
業者のホームページなどで会社の情報を念入りに調べ、優良な業者を選ぶことが大切です。
また、悪徳業者にあたることを心配するのであれば自分で現金化を行った方が安全です。
しかし、クレジットカード現金化を自分で行うとカード利用停止になるリスクが高くなります。
現金化目的のクレジットカードの使用は、多くのカード会社で禁止されています。したがって、カード会社は換金率が高い商品を把握しています。
商品券やゲーム機やブランド品をクレジットカードでまとめ買いする人は、カード会社から特に監視されます。
転売が露見すると、知らない間にカードの利用が止められる場合があります。
したがって、自分でクレジットカード現金化を行う場合には、十分な知識を得てから行うことが大切です。

ネオギフトの評判はこちら